読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

視覚で確認?麻酔時に穿刺場所をガイドする装置あります。

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は麻酔の針をガイドする機器の記事をお届けします。

 

▼タイトル

これからの麻酔は超音波テクノロジーで視覚的に体内位置を確認しましょう!

https://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/06/Accuro.pnghttps://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/06/side-accuro.png

 

 ▼要約

  •  Accuroは麻酔科医が正確に脊椎麻酔が穿刺できるように補助するガイドである。
  • スマートフォンサイズでプローブ、処理システム、ディスプレイで構成されるコンパクトな超音波システムである。
  • である。
  • バイスは、異なる平面内に撮影した複数のスキャンから3D画像を作成する。
  • 解剖学的なポイントが認識され、画面の下部内に表示される。
  • 音波検査者は不要で、片手で操作可能だ。
  •  
  • Accuroは、高価な資本設備コストが不要だ。
  • 他の超音波撮画に独自の技術を提供する。
  • (A)形状因子
  • (b)BoneEnhance(骨イメージングのために設計されている)
  • (c)SpineNav3D(読影と深さの測定を自動化する)
  • Accuroは、リアルタイムで腰椎の3Dナビゲーションを容易にする。
  • 読影と腰椎の解剖学、簡単で迅速な手続きで測定する。
  •  超音波検査者はAccuroデバイスの使用のために必要とされていません。
  • 同社は、将来的に自社の技術が他のアプリケーション(甲状腺生検、末梢神経、および血管アクセス)で使用することを検討している。

www.youtube.com

 

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com


rivannamedical.com

▼コメント

感覚ではなく客観的に麻酔の準備をしましょう、というのは納得です。

しかし、アメリカと日本で導入方法は同じなのでしょうか。

 

FDAの承認取得済みです。