読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

Heraeus vs Biomet

医療機器業界

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は、巨大医療メーカーに対して特許訴訟を挑んだ中小企業を紹介します。

5つの事例があります。それぞれの挑戦は報われたでしょうか?

 

▼タイトル

特許訴訟で巨大企業に挑戦する中小メーカー

 

▼要約

http://www.mddionline.com/sites/www.mddionline.com/files/images/money-scale_SIRA-ANAMWONG_FREEDIGITALPHOTOS.jpg

 

  • Heraeus Kulzer GmbHは、2008年12月に申し立てをした。
  •  バイオメット社とバイオメットヨーロッパBV、およびその他の子会社は、バイオメットヨーロッパRefobacinとバイオメット骨セメントラインについて、ヘレウス社の企業秘密を不正に利用したとの主張であった。
  • ジマーバイオメットSECファイリングに経緯が記載されている。
  • 2012年12月には、バイオメット整形外科スイスGmbH以外のすべてのエンティティが訴えから却下された。
  • ヘレウス社は控訴し、2014年6月にドイツの控訴裁判所は判決を下した。
  • それはバイオメット社、バイオメットヨーロッパBV、およびバイオメットドイチュラントが特殊な原材料が使用ヨーロッパセメントを製造販売、提供することを禁止するものだった。
  • 2005年からこれらのエンティティ営業損害賠償責任を負うことも決定された。
  • そして、さらなる検討は要求しないことも決定された。
  • ジマーバイオメットSECファイリングによると、被告はドイツの最高裁判所により、確定していない判決の見直しを要求している。
  • 上記のバイオメット・エンティティは、ドイツ外の市場に販売禁止とされた判断と戦うことにした。
  • そして、2014年8月にドイツで宣言訴訟を提起した。
  • ヘレウス社はまた、バイオメットのサプライヤーに対して訴訟を提起した。
  • バイオメットは営業秘密を不正に使用して共重合体を製造したとしている。
  • 2014年11月には、ペンシルベニア州東部地区米連邦地方裁判所は、一時的差し止め命令を求めたヘレウス社の要求を拒否した。
  • 2016年10月には、ヘレウス社は、迅速審理を適用した。
  • バイオメットフランス、バイオメットSASバイオメットヨーロッパBV、バイオメット社、バイオメット整形外科スイス社、およびバイオメットグローバルサプライチェーンセンターBVに対し、いくつかの原材料を輸入することを禁止する要求であった。
  • ヘレウスのは訴訟してよかったのか?それを判断するにはまだ早い。ヘレウスは、ドイツでは勝利したと考えているが。

 

 

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

  

▼関連リンク

 

www.mddionline.com

 

 

▼コメント

ヘレウスはヘレウスクルツァージャパンとして日本支社もあるぐらいの世界展開している企業のようです。大企業にも立ち向かっていくのはやはり技術に自信があるからなのでしょう。

Heraeus Kulzer