読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

深部静脈血栓症(DVT)治療が在宅できる?携帯型装置あります。

 
こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は深部静脈血栓症(DVT)の治療機器の記事をお届けします。

 

▼タイトル

家庭で使える!DVTポンプ。

 

http://www.medgadget.com/wp-content/uploads/2015/10/Cirona-6300.png


▼要約

  • Cirona 6300は深部静脈血栓症(DVT)の治療のために使用される。
  • 3時間の充電後、8時間の連続作業が可能な携帯型DVTポンプだ。
  • 血栓症防止の治療中も患者の動きを妨げない。
  • 生地は柔らかく、十分に通気性のあるスリーブが付属いる。
  • 装置をふくらはぎの上に置いて電源ボタンを押すだけでポンプが起動する。
  • 治療を停止したいときは再びボタンを押すだけだ。

深部静脈血栓症(DVT)とは?

深部静脈血栓症(DVT)とは,四肢(通常はふくらはぎまたは大腿)または骨盤の深部静脈の血液の凝固である。DVTは肺塞栓症の主な原因である。DVTは,静脈還流を損なう状態,内皮の損傷または機能不全を来す状態,あるいは凝固能亢進を引き起こす状態によって起こる。DVTは無症状の場合も,四肢に痛みおよび腫脹を引き起こす場合もある。診断は病歴,身体診察,複式超音波検査法により行い,必要に応じてDダイマー検査やその他の検査を併せて行う。治療には抗凝固薬を用いる。速やかに適切な治療を行った場合,予後は一般に良好であり,一般的な長期合併症には静脈炎後症候群を伴うまたは伴わない静脈不全がある。

http://www.medgadget.com/wp-content/uploads/2015/10/Cirona.png

 

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com

 

midway-medical.com

 

www.devonmedicalproducts.com


 

 

www.youtube.com

 

 

▼コメント

難病情報センターによると年間診断数 は、

深部静脈血栓症  約14,700人、肺血栓塞栓症  約7,900人

だそうです。日本では欧米に比べて少ない傾向があるそうです。

 FDA Clear している製品です。

 

病院で使うDVT防止システムもあるようです。

Currie Medical Specialties Inc.

ALP 501 

http://static1.squarespace.com/static/551318b1e4b09ee1385778e9/t/5564bf9fe4b0336d4c64016a/1432666063035/?format=2500w

www.youtube.com

こちらも FDA Clear している製品です。