読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

Medgadget優秀医療技術 TOP8(No.4 ドローン)

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は海外医療機器の記事をお届けします。


▼タイトル

 No.4 ドローン

https://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/12/Vayu-drone-for-medicine.jpg

 

▼要約

  • 無人航空機はドローンとしてよく知られており、救急医療で重要な役割を果たし始めています。
  • 遠隔地域とクリニックの連携、地域病院への薬や患者サンプルの提供などを支援します。
  • ウィリアム・キャリー大学のオステオパシー・メディカル・カレッジでは、救急医療キットを輸送する無人機システムが導入されました。
  • 災害等で孤立した人々にGoogle Glassバイスが届けられます。
  • 救急救命士にとって森や丘の上での救助活動は苦労しますが、ドローンは容易に到着することができます。
  • ドローンが現場に到着した後、負傷した患者の近くにいる人がGoogle Glassを装着することで、遠隔の医師と接続されます。
  • 医師は救急隊員が到着するまで状況を確認し、治療を検討することができます。
  • ミズーリ州に拠点を置く飛行機メーカーであるVayuは、マダガスカルにある遠隔地村の患者の血液や便のサンプルを地域の病院に届けています
  • 垂直に離陸して40マイル(60キロ)以上離れた目的地まで飛ぶことができるドローンを開発しています。
  • 4.5ポンド(2Kg)の患者サンプルや医療用品を運んでいます。
  • ドローンは完全自動化され、離陸して目的地まで飛行し、それ自身で着陸します。
  • 必要とされる操作は、着陸する場所をプログラムし、フライト間でバッテリーを充電することです。
  • マダガスカルでは試験されていますが、世界の多くの地域では規制によって無人航空機を許可されていません。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com

www.medgadget.com

www.medgadget.com

 

▼コメント

ドローンの活用は実現されそうでまだ規制の壁がありそうですね。特区で試験飛行させることから始めてみてはどうでしょうか。