読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

Medgadget優秀医療技術 TOP8(No.3 義肢とマインドコントロール)

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は海外医療機器の記事をお届けします。


▼タイトル

 No.3 義肢とマインドコントロール

https://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/12/brain-controlled-prosthesis.jpghttps://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/12/light-bulb-prosthetic.png

 

▼要約

  • 驚くべき麻痺治療の技術があります。
  • 深刻なけがや病気によって失われた運動能力を回復させる技術です。
  • 最も有望な義肢を決定するため、スイスのチューリッヒサイバスロンが開催された。
  • あらゆる種類の身体的制限を持つ人々がエンジニアやリハビリの専門家とともに電動義肢レース、バイクレースで競い合いました。
  • 参加者の筋肉は電気刺激装置で動きます。
  • サイバスロンがパラリンピックのライバルになり、現代技術で達成できるものが広く示されることが期待されています。
  • 大量の研究成果により、思考で義肢を制御できる時代になっています。
  • 我々は欧州の共同研究について報告したことがあります。
  • 研究では、脳制御される腕と手の外骨格が開発されていました。
  • 四肢麻痺の患者が自分の腕を使い、高精度でモノを動かします。
  • スプーンを使い、カップから飲むことだけでなく、ポテトチップスを食べることができていました。
  • 脳への埋め込み物はなく、従来の脳波読み取りEEGキャップがユーザーを解釈するコンピュータに接続されていました。
  • ジョンズ・ホプキンス大学では、てんかん患者の脳の上に高密度の皮質電図を配置し、個々の指の動きに関連する脳信号を収集しました。
  • ロボットハンドの指を自由に動かし、器用な指のコントロールを持つ人工腕の可能性を実証しました。
  • ALSに罹患している女性は、オランダのユトレヒト大学の医療センターで移植された無線装置を介して、他の人と会話することができるようになりました。
  • 彼女は数文字をタイプしますが、彼女が使用するデバイスは完全に埋め込まれ、外部のアンテナに無線で接続されています。
  • これは大きな成果で、従来は電源とデータ線が身体からむき出しに配線されていました。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com

www.medgadget.com

www.medgadget.com

www.medgadget.com

www.medgadget.com

 

▼コメント

脳卒中で麻痺になることは良く知られています。脳卒中は5疾病・5事業にも該当します。それだけ麻痺は身近で恐ろしい症状なのだと思います。あきらめていた動作ができるようになる、ということが実現できる医療機器は素晴らしいと思いました。