読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

AIによるパワフルな呼吸検出器が17の異なる疾患を診断

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は海外医療機器の記事をお届けします。


▼タイトル

 AIによるパワフルな呼吸検出器が17の異なる疾患を診断

https://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/12/breath-test-smartphone.jpg

▼要約

  • 呼吸には健康に関する膨大な情報が含まれています。
  • 分子の存在と量が病気のバイオマーカーとして役立ちます。
  • 通常、呼吸センサは単一のバイオマーカーに焦点を当てるので、その範囲およびスクリーニング能力には限界がある。
  • Technion-Israel Institute of Technologyのチームが率いる世界的な科学的コラボレーションにより、呼吸センサが開発された。
  •  多くの異なる分子を検出することができ、これらのバイオマーカーを17の異なる疾患と相関させている。
  • バイスは、金ナノ粒子センサーのアレイと、単層カーボンナノチューブランダムネットワークに基づくセンサーから構成されています。
  • 何千もの異なる病気の患者の呼気サンプルが採取されました。
  • このことで、人工知能ソフトウェアを使用してデータ内の相関関係を見つけることができます。
  • このAI構成要素の研究のおかげで、システムの平均診断精度は、17の異なる疾患について86%で実証されました。
  • 複数の癌、クローン病、2種類のパーキンソン病、子癇前症および肺高血圧症のような異なる状態を含んでいます。

www.youtube.com

 

▼関連リンク

www.medgadget.com

 

▼コメント

呼吸を使っての診断はトレンドなのでしょうか?

低侵襲であることは確かですね。