読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

医療革新トップ10 by クリーブランド・クリニック(No.4 遊離腫瘍DNAを見つけるための液体生検)

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は 米名門医療機関のクリーブランド・クリニックが発表した内容をお届けします。2017年に向けて期待する医療革新トップ10です。
動画で分かりやすい説明になっています。

 

▼タイトル

No.4 遊離腫瘍DNAを見つけるための液体生検

 

▼動画

 

www.youtube.com

 

▼要約

  • 腫瘍専門医は、報告された徴候の主観的性質や生検の妥当性判断ミスを避けることを長い間夢見てきた。
  • 彼らの夢はおそらく実現するでしょう。
  • 「液体生検」として知られる試験は、実際のDNAの兆候、または腫瘍から血流に流出する細胞外遊離DNA(ctDNA)の兆候を明らかにする。
  • 利点は、ctDNAが腫瘍細胞よりも血液中に100倍以上豊富であること。
  • 研究はまだ進行中ですが、市場はこの画期的な癌検査の道を切り開いています。
  • 年間売上高は100億ドルになると予測されており、今年は数社がテストキットを開発して市場に投入しています。
  • 液体生検のフロンティアは広く開いています。
  • 連邦政府のCancer Moonshot Initiativeの旗艦技術として賞賛されています。
  • 専門家は、がんを捕捉して治療することは、将来、年1回の検査と同じくらい日常的なことになると考えています。

 

▼関連リンク

www.gatc-biotech.com

 

▼コメント

技術が進めば、健康診断で血液検査の項目に入れられてもよいぐらいの将来性がありますね。