読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

医療革新トップ10 by クリーブランド・クリニック(No.7 治療抵抗性うつ病向けケタミン)

医療機器業界

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は 米名門医療機関のクリーブランド・クリニックが発表した内容をお届けします。2017年に向けて期待する医療革新トップ10です。
動画で分かりやすい説明になっています。

 

▼タイトル

No.7 治療抵抗性うつ病向けケタミン

 

▼動画

www.youtube.com

 

▼要約

  • 希望の喪失は、うつ病の典型的な症状です。
  • セロトニンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質のバランスをとる薬物や療法が開発されている。
  • 実際には、うつ病患者の3分の1には、これらの薬は機能しません。
  • 代替手段には、電気的痙攣療法または他の集中治療法が含まれる。
  • 多くの場合、最後の手段は自殺となってしまう。
  • 2013年に、麻酔に一般的に使用される薬物であるケタミンが研究された。
  • ケタミンベトナム時代にはパーティドラッグとして知られていた。
  • ケタミンには神経細胞のN-Methyl-D-aspartate(NMDA)受容体を標的とし、阻害する能力についての研究であった。
  • 結果は非常に好ましいものでした。
  • 初期の研究では、治療抵抗性鬱病TRD)患者の70%が、低用量のケタミンで注射されてから24時間以内に症状が改善することを示した。
  • 初めて重度のうつ病のための迅速な治療となりました。
  • この研究により、FDAケタミンの解析に基づいた新しいNMDA受容体標的薬の開発にFast Track Statusを付与しました。
  • エスケタミンのように、一部はFDAからの画期的評価を取得し、2017年にこれらの新薬が患者に提供される可能性を高めている。
  • 米国で年間約43,000件の自殺があり、効果的な治療の必要性が大きくなっています。
  • 医学界では、かつてなく希望が高まっています。

 

▼関連リンク

Ketamine for treatment-resistant depression: recent developments and clinical applications -- Schwartz et al. 19 (2): 35 -- Evidence-Based Mental Health

 

▼コメント

 歴史のある薬が他の効用も持っていた、といった事例ですね。

好ましい副作用の発見もあるのもですね。