読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

医療革新トップ10 by クリーブランド・クリニック(No.8 3D視覚化と拡張現実感)

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は 米名門医療機関のクリーブランド・クリニックが発表した内容をお届けします。

2017年に向けて期待する医療革新トップ10です。

動画で分かりやすい説明になっています。

 

▼タイトル

No.8 3D視覚化と拡張現実感

 

▼動画

www.youtube.com

 

▼要約

  • 外科医は新しいツールをいくつか手に入れようとしています。
  • 一部の人はそれを超技術と呼んでいるかもしれません。
  • 外科医は何年もの間、手術には顕微鏡接眼レンズまたは他のカメラシステムに頼ってきた。
  • それでも、彼らは自分の目と経験を最終的には頼りにし、正確な仕事を実行する。
  • 手術中は頭を下げ、周辺視力が制限され、背中と頚部の筋肉を緊張させる。
  • それは素晴らしい仕事環境ではありません。
  • この1年間で、眼科学と神経学において、患者を高解像度で3D視覚表現する技術を開発し、実験し始めました。
  • これらの立体視システムは、手術中に特定の作業を実行するための視覚的テンプレートを生成する。
  • この技術を試用した専門家や外科医は、快適性と視覚的な情報が追加されれば、外科医がより効率的かつ効果的に手術できるようになると言います。
  • さらに、医療従事者は、外科医が見ていることと行っていることを明確に把握することが可能になります。
  • ソフトウェア企業は人間の解剖学的構造のホログラフィック画像を表示する拡張現実眼鏡を構築しています。
  • 医学部は死体研究室の終わりを見るでしょう。
  • 市場は成長しており、2017年にはいくつかの病院が仮想現実ツールを採用し、手術現実の境界を突き進めるだろう。

 

▼関連リンク

www.benzinga.com

 

▼コメント

マウントディスプレイを装着した医師に診察される時代も来るかもしれませんね。