読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

医療革新トップ10 by クリーブランド・クリニック(No.9 自己管理型HPV検査)

医療機器業界

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は 米名門医療機関のクリーブランド・クリニックが発表した内容をお届けします。2017年に向けて期待する医療革新トップ10です。
動画で分かりやすい説明になっています。

 

▼タイトル

No.9 自己管理型HPV検査

 

▼動画

www.youtube.com

 

▼要約

  • エクアドルの山々、タンザニアの荒れた地帯、または米国の農村地域でさえ、子宮頸がんで死亡する危険性の高い女性がいます。
  • 悪いことに、彼女らにはそれを発見する方法がありません。
  • ほとんどの性的に活発な女性は、ヒューマンパピローマウイルス(HPV)に接しています。
  • 特定のHPV株は子宮頸がんの99%を占めます。
  • 子宮頸がんは35歳以下の女性で最も一般的な悪性腫瘍です。
  • HPVの予防と治療に大きな進歩があったにもかかわらず、HPV検査とワクチン接種を受けている女性は狭い人口に限られています。
  • 2017年にはケアを拡大する野心的なアプローチが始まります。
  • 科学者は、テストチューブ、スワブ、メールインボックスを含む自己管理HPVテストキットを開発しました。
  • イデアは、女性が独自のテストを実施し、サンプルを研究所に送り返し、危険なHPV株の警告を受けることができるという考えです。
  • 子宮頸癌予防は、国連の「ミレニアム開発目標」です。
  • 専門家は、2017年がこれらの検査が大規模に展開される年であり、子宮頸がんの最大規模の予防戦略になると考えています。

 

▼関連リンク

http://www.preventcancer.org/wp-content/uploads/2014/04/Kidder_Poster-Presentation.pdf

 

▼コメント

検査キットを自宅で使用してラボに送り、結果を受け取るといったモデルはこれからのトレンドになりそうですね。結果を受けてからの必要な医療についても、サポートの要望はありそうですね。