読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

医療革新トップ10 by クリーブランド・クリニック(No.10 生体吸収性ステント)

医療機器業界

こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今回は 米名門医療機関のクリーブランド・クリニックが発表した内容をお届けします。2017年に向けて期待する医療革新トップ10です。
動画で分かりやすい説明になっています。

 

▼タイトル

No.10 生体吸収性ステント

 

▼動画

www.youtube.com

 

▼要約

  • 冠状動脈の閉塞を治療するため、毎年600,000人が金属製の冠動脈ステントを胸部に埋め込んでいます。
  • ほとんどの場合、そのステントはその留置が完了してから永遠にそこにとどまっています。
  • しかし、ステントは自然な血流を阻害し、血栓のような他の合併症を引き起こす可能性がある。
  • もしステントが消えればよいのでは?
  • それは研究者たちが最終的に見つけた解決策です。
  • 今年7月に最初の生体吸収性ステントが米国で承認されました。
  • 自然に溶解するポリマーで作られたステントは詰まった動脈を2年間拡張します。
  • そして、溶解可能な縫合と同様の方法で体内に吸収される。
  • 消えゆくステントは健康な自然の動脈を残します。
  • 患者は自由に血液凝固服用薬の服用から自由になり、より広範な医療行為の対象となります。
  • さらに、金属ステントの回復時間が3〜4週間から数日に短縮されました。
  • 吸収性ステントの1つのバージョンのみがFDA承認されていますが、さらに多くの製品が承認予定されています。
  • 専門家は、ステント市場潜在力が6年間で20億ドルに達すると考えています。
  • 吸収性ステントの影響はまだ見えていませんが、2017年にはこの技術がゲームチェンジャーになると期待されています。

 

▼関連リンク

www.fda.gov

Absorb GT1™ Bioresorbable Vascular Scaffold (BVS) System - P150023

 

▼コメント

金属を使わない、生体に吸収される材料が今後のトレンドになりそうですね。