読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

オリンピック選手が愛用する医療技術(9月7日)キネシオロジーテープ 2/2

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は、オリンピック選手が愛用する医療技術の記事をお届けします。

5製品を紹介します!

 

▼タイトル

オリンピック選手が愛用する医療技術は科学的にどうなのか?

どのような科学が使われているか?

使用者の感想はどうか?

 

▼要約

http://www.mddionline.com/sites/www.mddionline.com/files/images/kinesio-tape_AMBRO_FREEDIGITALPHOTOS.jpg

 

どのような科学が使われているか?

  • 2014年にメタ分析が実施されれた。
  • kinesioテーピングは、最小限の介入よりも優れた疼痛緩和を提供した。
  • しかし、他の治療法を超える優位性の証拠を見つけることができなかった。
  • 別の2014年のメタ分析では、筋力への影響に対し証拠をほとんど発見できなかった。
  • 2008年に回旋腱板腱炎/衝突を持つ若い患者の二重盲検無作為化臨床試験が実施された。
  • 肩の痛みを持つ患者にテープが貼付された。
  • 貼付後、痛みのないアクティブな範囲の動き改善に役立つ可能性があることが示唆された。
  • しかし、偽テーピングと比較して、痛みや障害を減らすには効果的とは言えなかった。

 

使用者の感想はどうか?

  • ウォルシュジェニングスは彼女のトレーニングや競技の本質的なモノとしてコメントしている。
  • 「テープは私の肩をサポートし、競争の武器となっている」
  • 「特定の筋肉を活性化または他の筋肉が有効活用できるように特定の筋肉を不活性化する」
  • 「私は完全にサポートされている感じ...」
  • 「私は効果がないようなものを試している時間はありません」
  • テープは効果がある」
  • 彼女はKTテープウェブサイト上のビデオの中でコメントを述べている。

 

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

  

▼関連リンク

www.mddionline.com

 

▼コメント

企業のHPではたくさんの選手のコメントがありました。

確かにプラセボ効果もあるのかもしれません。

 

www.kttape.com

 

www.mddionline.com