読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

IoTデバイスの法規制対策で考えるべき6つのヒント(米国)

 

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回はIoTデバイスの記事をお届けします。

国学会で発表された内容です!

 

▼タイトル

IoTデバイス開発者のための規制のヒント

多くのメーカーは医療機器との接続性が益々重要になると予測しています。

IoTは医療技術産業を牽引します。

http://www.mddionline.com/sites/www.mddionline.com/files/images/internet-health_HYWARDS_FREEDIGITALPHOTOS.jpg

▼要約

  • 開発の早い段階から接続性について検討することが勧められている。
  • しかし、医療機器に接続を追加すると、新たな検討事項が発生する。
  • ビッグデータの膨大な量をどのように格納するか。
  • セキュリティ確保する仕組みをどうするか。
  • 規制について検討を避けることはできない。
  • 心に留めておくべき実用的な検討事項が6つある。
  1. データソースは医学的に何に関連しているか?
  2. データは標準化することができるか?
  3. データはセキュリティ上で安全か?
  4. 誰がデータを所有しているか?
  5. データを用いて何が実行されるのか?
  6. どのように情報を変化させ、次の行動を促すのか?

 ヒントの提供者: Bill Betten, director of business solutions at Devicix

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

  

▼関連リンク

 

▼コメント

データの共有化と集約化が臨床的なテーマになっていくと思います。

セキュリティが確保されるのが前提ですね。