読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカルデバイスワールド<医療機器マガジン>

医療機器の最新情報をお届けします

2016/12/29 ブログデザインを変更しました。

ハイムリッヒ法の次の選択?喉に詰まったものを取り除く装置あります。

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は窒息時に気道の詰まりを取り除く機器の記事をお届けします。

 

▼タイトル

食べ物のつまりはこれで解消!技術は不要です。

http://www.medgadget.com/wp-content/uploads/2015/10/dechoker.png


▼要約

  • 窒息に対処するとき、ハイムリック法は無数の命を救ってきた。
  • しかし、その技術は誰にでもできるではない。
  • 肥満気味の人々が相手だと特に困難だ。
  • Dechokerは気道をブロックしているものを吸い出すために、負圧を与えるデバイスである。
  • 窒息時に対象者の口にフェイスマスクを置き、背面のタブの表面を強く引っ張る。
  • 発生した負圧によってブロックしているものは装置に向かって移動する。
  • 体格の小さい者が大きい対象者に対して使用できるし、窒息時に自分自身に使用することができる。
  • 大人と幼児向けがある。

www.youtube.com

www.youtube.com

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

▼関連リンク

www.medgadget.com

www.dechoker.com

▼コメント

幼児やお年寄りがいる各家庭に1つ、あと介護施設やレストランに置いてもよいですね!

視覚で確認?麻酔時に穿刺場所をガイドする装置あります。

こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は麻酔の針をガイドする機器の記事をお届けします。

 

▼タイトル

これからの麻酔は超音波テクノロジーで視覚的に体内位置を確認しましょう!

https://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/06/Accuro.pnghttps://2nznub4x5d61ra4q12fyu67t-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/06/side-accuro.png

 

 ▼要約

  •  Accuroは麻酔科医が正確に脊椎麻酔が穿刺できるように補助するガイドである。
  • スマートフォンサイズでプローブ、処理システム、ディスプレイで構成されるコンパクトな超音波システムである。
  • である。
  • バイスは、異なる平面内に撮影した複数のスキャンから3D画像を作成する。
  • 解剖学的なポイントが認識され、画面の下部内に表示される。
  • 音波検査者は不要で、片手で操作可能だ。
  •  
  • Accuroは、高価な資本設備コストが不要だ。
  • 他の超音波撮画に独自の技術を提供する。
  • (A)形状因子
  • (b)BoneEnhance(骨イメージングのために設計されている)
  • (c)SpineNav3D(読影と深さの測定を自動化する)
  • Accuroは、リアルタイムで腰椎の3Dナビゲーションを容易にする。
  • 読影と腰椎の解剖学、簡単で迅速な手続きで測定する。
  •  超音波検査者はAccuroデバイスの使用のために必要とされていません。
  • 同社は、将来的に自社の技術が他のアプリケーション(甲状腺生検、末梢神経、および血管アクセス)で使用することを検討している。

www.youtube.com

 

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com


rivannamedical.com

▼コメント

感覚ではなく客観的に麻酔の準備をしましょう、というのは納得です。

しかし、アメリカと日本で導入方法は同じなのでしょうか。

 

FDAの承認取得済みです。

静脈確保の失敗を早期に検知?自動で見張ります!

 こんにちは。マガジンライターのMassyです。

今回は静脈注射のリークを検知する機器の記事をお届けします。

 

▼タイトル

ivWatchは静脈注射の漏れを検知する

 

▼要約

  • ivWatch LLCは、静脈確保された周囲組織に薬液がリークされているか検出するデバイスを開発した。
  • システムは、赤外線センサーを使用している。
  • IVアクセス部位の近辺に皮膚へ貼り付けられる。
  • 静脈外流体の浸潤や血管外リークを検出する。
  • 前腕や手の甲のIVサイトと連携が可能だ。
  • 4 cc以上のリークが検出できるが、デモでは1ccまで検出が可能であった。
  • ほぼ自動動作し、漏れが検出されると看護師にアラームで知らせてIVをチェックする。
  • ただし、診療所で確立された手順に代わるものではない。
  • 有害事象の減少やPICCライン(末梢挿入中心静脈カテーテル)の使用などで役立つ。
  • 患者のケアを改善し、看護の生産性を高める。
  • IV確保のやり直しを防ぐことで、これまで無駄になってきた薬剤消費を減少させるべき。

▼詳しくは関連リンクを参照くださいね。

 

▼関連リンク

www.medgadget.com

▼コメント

Yoububeのビデオによると、アメリカでは静脈注射の失敗は50%だそうです。

思ったより高い数字ですね。日本ではどうなのでしょう?

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

FDAの承認取得済みです。

今日の医療機器ニュース(1月22日)リアルタイムOS製品の開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得

今日の医療機器ニュース(1月22日)
こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今日の気になる医療機器ニュースをお届けします。 

  1. リアルタイムOS製品の開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得 - MONOist(モノイスト)
  2. 医療分野のICT利活用をテーマに「第6回JIRA画像医療システム産業研究会」が開催
  3. コラム:M&Aブーム去り、来年は期待はずれの結果が続々か | ロイター

 

リアルタイムOS製品の開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得 - MONOist(モノイスト)

monoist.atmarkit.co.jp

医療分野のICT利活用をテーマに「第6回JIRA画像医療システム産業研究会」が開催

www.innervision.co.jp

コラム:M&Aブーム去り、来年は期待はずれの結果が続々か | ロイター

jp.reuters.com

 

 

今日の医療機器ニュース(1月21日)医療機器事業はキヤノンの成長を後押しするのか

今日の医療機器ニュース(1月21日)
こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今日の気になる医療機器ニュースをお届けします。

  1. 医療機器事業はキヤノンの成長を後押しするのか
  2. 1人で100万人の患者を救うために | coFFeedoctors
  3. 薬価の毎年改定方針を決定、DPC点数表も毎年改定へ―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

 

医療機器事業はキヤノンの成長を後押しするのか

newswitch.jp

 

1人で100万人の患者を救うために | coFFeedoctors

www.huffingtonpost.jp

 

薬価の毎年改定方針を決定、DPC点数表も毎年改定へ―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

www.medwatch.jp

 

 

今日の医療機器ニュース(1月20日)医療機器並みに心電図を計測!スマートウォッチ「Cronovo」

今日の医療機器ニュース(1月20日)
こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今日の気になる医療機器ニュースをお届けします。

  1. 医療機器並みに心電図を計測!スマートウォッチ「Cronovo」は健康管理に一役 | Techable(テッカブル)
  2. 眼が良い人がカラコンすると、悪影響はある?|ニフティニュース
  3. 協働ロボットの基幹技術を確保、遊星型精密減速機で独企業を買収へ - MONOist(モノイスト)

 

医療機器並みに心電図を計測!スマートウォッチ「Cronovo」は健康管理に一役 | Techable(テッカブル)

techable.jp

 

眼が良い人がカラコンすると、悪影響はある?|ニフティニュース

news.nifty.com

 

協働ロボットの基幹技術を確保、遊星型精密減速機で独企業を買収へ - MONOist(モノイスト)

monoist.atmarkit.co.jp

 

今日の医療機器ニュース(1月19日)海外で進む医療ソフトウェア臨床評価の標準化

今日の医療機器ニュース(1月19日)
こんにちは。マガジンライターのMassyです。
今日の気になる医療機器ニュースをお届けします。

  1. 海外で進む医療ソフトウェア臨床評価の標準化 (1/2) - MONOist(モノイスト)
  2. NEC、医療機器の修理を含めた医療・介護領域のトータルサポート事業へ参入 | マイナビニュース 
  3. 東芝メディカルシステムズ,ロシア国内における医療機器製造を来年初頭から開始

海外で進む医療ソフトウェア臨床評価の標準化 (1/2) - MONOist(モノイスト)

monoist.atmarkit.co.jp

 

NEC、医療機器の修理を含めた医療・介護領域のトータルサポート事業へ参入 | マイナビニュース

news.mynavi.jp

 

東芝メディカルシステムズ,ロシア国内における医療機器製造を来年初頭から開始

www.innervision.co.jp